【リライト】2分という時間

こんにちは!よっしーです。
今日は「2分という時間」についてです。

この2分という数字ですが、もはや世界中の人が知っている、プロサッカー選手リオネル・メッシの1試合の中でボールを触る時間です。

サッカーは1試合90分です。
確率にすると、2÷90=およそ2%です。
あの世界的スーパースターでも2%の中でしか結果をだせない、出すしかないのです。

僕はこの確率を見て、あることを考えました。
それは、自分の人生時間配分です。

サッカーの90分をビジネスの1日として考えたとき、一般的な業務時間というのは、8時間ですよね。
8時間(480分)の2%となるとわずか10分なんですよね。

ということは、1日の仕事中で10分が本当の成果というわけです。

皆さん昨日の仕事のすべてを思い出せないですよね。本当に集中して、全力をだし、成果を出した10分はありますか?

サラリーマンであれば、月~金の8時間が試合時間です。その中で1日10分しか成果をボールがもてません。ただ、結果をだせるのもその時間だけです。それ以外は走って、動いて、休んでを繰り返しています。

つまり本当に大事なこと、成果は1日働いてもそのくらいしかないということです。
では、それをどう受け止め行動に生かしていくか。

その10分をしっかりと見極め、集中して質を高めることしかないと思います。
サッカーでも、90分ずっとボールを持ち続けることはできません。2%という限られた時間の中で結果を出すしかないのです。ただしあとの98%を無視していいということではないです。98%は成果を出す、そのための準備です。

ボールをどうもらうか、仲間にどう声をかけるか、自分がどこにいればいいか、相手がなにをみているか、実際にボールをもらうその瞬間のために準備をするのです。

なんでもがむしゃらに頑張る人がいます。僕もその1人でした。しかし、人間は24時間全力でいることは絶対にできません。それは全力ではなく、無理だからです。

人が痛みを感じるのは、面積が大きいものより、なるべく細く、尖ってるものです。
そう、時間の使い方も尖らせる必要があります。

1日の2%のために準備をするのです。
その2%は絶対に成果を出すんです。

人生が、100年だとします。
100年×2%=2年

つまり、人生の成果は2年分の内容次第ということになります。
この2年のために98年生きるということなんでしょう。

ただ、人生は、サッカーの試合と違って、いつでも挑戦できるし、年齢が限られていません。つまり、だれでもいつでも挑戦できるし、成果を出せると思うんです。
それが特に僕たち日本人に与えられた権利だと思います。

その毎日の2%の努力と、経験、学びが、積み重なり、メッシ選手のような世界一という栄冠をとれるようになるんだと思います。

がんばりすぎて疲れてしまってる人は多いと思います。
毎日毎日働いて疲弊して、休日もろくにとれない生活の人もいると思います。
また、なににがんばればいいか、自分には才能がないと嘆いてるいる人もいると思います。

そんな人たちは、24時間100%でやろうとしていると思います。
メッシ選手も試合中歩きます。
それは、2分のためにエネルギーをためているんです。
その2分にエネルギーを爆発させて、だれも追いつけないスピード、正確さ、力強さでゴールを奪うのです。

さぁ、あなたの試合はどうですか?

自分がかかわる、90分のうち、2%にどんな成果を残せますか?
準備と成果の時間をしっかりと見極め、本気を出す時間を限定してください。
僕たちもメッシ選手のように世界一をとれるように学んでいきましょう!

今日は「2分という時間」についてでした。
では!

コメントを残す