【リライト】コントロールできることと、できないこと。

こんにちは!よっしーです。
今日は「コントロールできることと、できないこと。」についてです。

さぁ、コントロールできることと、できないこと。あなたが、一番のコントロールできる要素は何だと思いますか?

それは、あなたの人生です。

そして、コントロールできないことは、

人の人生です。

これに限ります。
わかるとは思いますが、解説していきます。

まずはコントールできることから。
あなたの人生はコントールできます。なぜかというと今現在あなたはあなたの選んだ行動の結果だからです。いろいろな原因、人、環境あったかと思いますが、それでもあなたが選んだ行動なのです。

もし、今現在自分が現状を嘆いているのであれば、その結果を生んだのはあなたになります。

人は人と協力し合って生きていきます。
そして、親、友人、同僚、恋人などなど様々な人とかかわっていくなかであなたの人生についてアドバイス、批判等々あるでしょう。

例えば、あなたの将来に親が苦言を呈したとしましょう。
そんな安定しない仕事はやめなさい!
この言動に対してあなたはどう思いますか。
仮に安定してると思われる仕事に就いたとしましょう。
そして、もしその仕事なり、企業がつぶれてしまったら誰のせいになりますか?会社のせいですか?お客様のせいですか?それとも親のせいですか?

違います。あなたのせいです。
あなたがそれを選んだからです。

親、友人、上司、などは好き勝手それぞれの物差しで物事を言ってくるでしょう。しかし、その結果には誰も責任はとれないのです。

そして、その通りの行動をしてもそれをコントロールはないですのです。
そうです。コントロールできるのは、他でもないあなただけです。

今までいきてきた人生の何度にもわたる選択と行動の責任はあなたしかとれないのです。

僕も親という立場ですが、子をどれだけ愛していても、どれだけお金をあげてもその結末の責任をとることはできません。
そう考えるだけで、人は自分の人生であることがわかると思います。

あなたの人生とは、選択と行動が現在なのです。
もし、その現在を変えたいのであれば、今から選択と行動を変えるしかないのです。

僕自身、うつ病をきっかけに退院後、選択と行動を大きく変化させ、
・過去
飲み会大好き
信念がない
趣味がない
お金に無頓着
人に期待して自分に無責任
夜更かし、寝坊

だったのが、
・現在
孤独な時間に自分を鍛える
筋トレ、読書、日記を習慣化
出納帳をつける
酒は飲まない
21時就寝5時起き

に大きく変化しました。
なぜこのように行動が変わったのか、それは人生の目的が決まったからだと思います。

人はどうなりたいか、どう在りたいかから行動を選択します。
過去の僕はとくに目的もなくその場しのぎの生き方でした。

現在は、目的を明確化して、そこに向かって1日1日を生きています。
確かに友人といる時間や、交流する時間は楽しいですし、寂しくならずに済みます。

しかし、それが主であると自分を見失ってしまうと思うのです。自分をコントロールできなくなり、墜落してしまうのです。

自分をコントロールするには、体が健康であることと、正確な地図、操縦をする必要があります。それが、日々の規則正しい生活、知恵、人生の目的だと思います。

それを確立するには、普段から自分と向き合い、いいところ、わるいところを見極め、それに対して、どうしたいかを行動にしていくことだと思います。

僕にとっては、指針のない自分から抜け出したい。が一番の目的だったのです。
その目的に必要なことが今の行動です。
その行動を毎日積み上げることで、今後の人生は大きく変わると思っています。

話をテーマに戻すと、コントロールできないことについてです。
これは、自分以外の人の人生です。

先ほども書いた通り、人は人と協力する存在であるものの、それとは逆のことも起き得るものです。

どれだけ、人をこうだ!こうなってほしい!と願っても人はその通りになってくれません。

人はロボットではないので、コントロールすることはできないのです。
僕は以前まで人に過剰に期待してしまう性格でした。

例えば、こうやったお礼をいってくれる、このくらいのことができて当然だろう。と、、

しかし考えてみるとあなた自身も人の思い通りに動けていますか?
無理ですよね?
人の心は一定ではないですし、見えないものです。

人の思い通りに生きるなんてことは無理なのです。
中にはコントロールしようとする人もいるでしょう。

しかし、その思惑にのってしまうと、いずれ両者の関係は崩れてしまいます。
詳しくは別記事でも触れますが、だからといってなにもしないかというわけではなく、力になったり、助けたりすることはできます。

人は他人にはどうやってもなれないですが、手をつないで、同じ気持ちになるように努力することはできます。
他人としてできることをしてあげればいいと思うのです。

そうすることで、人と人が生き抜いてきた人類の強さに気づくことができると思いますし、よりよい関係で入れると思います。

自分以外の人の操縦桿に無断に立ち入らず、体に気を使ってあげたり、地図を一緒につくってあげたり、そういうことが他人に今できることだと思います。

自分の以外の人はコントロールはできないし、してはいけないが、協力はできます。それを肝に銘じておきましょう。

そして、唯一コントロールできる自分に一点集中して、選択と行動をしましょう。

今日は「コントロールできることと、できないこと。」についてでした。
では!

コメントを残す