【書籍レビュー】最高の戦略教科書孫子(守屋淳)

孫子本ブームの火付け役となった赤本! 
新聞各紙、週刊誌、ラジオでも話題沸騰。
読者の3割が女性と30代以下という、これまでの孫子解説書にはない
読みやすさ、わかりやすさで、10万部を突破! 
ビジネスだけでなく、スポーツや人生のさまざまなシーンで活用できる 「負けないための戦略」が数多く紹介されています。
複数の敵と戦わざるをえない今だからこそ読みたい、話題の兵法書です。

amazon

■自分がいかに知恵なく生きているか気づかされる

ザーッと、目次を読むだけでも、いかに孫子が考えている人か気づかされた。
僕が感情や正論だけで戦いをし、なんの戦略も計画もないまま生きてきたことに
気付かされる書です。

■情報を制する者は戦いを制す

情報を制するか否かで、体制の強弱に関わらず、勝敗が変わるということ。
まずは、戦うときに相手の情報を収集し、なるべく有利に戦えるように準備する。

■生き方にもビジネスにも生かせる

天が、その人に重大な仕事を任せようとする場合には、必ず精神的にも肉体的にも苦しみを与えて、
どん底の生活に突き落とし、何事にも思い通りにならないような試練を与えるのである。
というフレーズには驚愕しました。

コメントを残す