【書籍レビュー】他人の心理学(渋谷昌三)

★★自分とはちがう「他人」のココロをひもとく! ★★ 自慢話が好きな人、平気でウソをつく人…こんな行動からわかる自分とはちがう「他人」のココロを、心理学からひもときます。すべてのテーマに、わかりやすいイラスト・図・表付き。
※本書は、当社ロングセラー「面白いほどよくわかる! 他人の心理学」(2012年3月発行)をオールカラーに再編集し、書名・判型・価格等を変更したものです。

amazon

■人の行動、言動から気持ちが読み取れる

人のすべての行動、言動には理由があります。
ここだけの話と耳打ちする人→自分の存在アピール。優越感
どうせが口癖→自己愛がなく、あきらめ型
まぶしくないのにサングラスをかける→他人より優位にたち変身願望を果たす

■ビジネスシーンでも活躍

ビジネスでも多いに役に立ちます。
部下の失敗を罵倒する人は強いコンプレックスをもっていますし、
手柄を独り占めする上司は、自分の保身が一番。
忙しい、時間がないという人は、自分の無能アピールをしています。

■うつの改善に役に立った

僕はうつ病になるときに、対人関係にて悩んだことも多くありましたが、
人はコントロールできるものではありません。そして、相手の言動以外から読み取れる情報で、
自分に必要な情報がそろい、不安に襲われることが減りました。
知識としてもっておくと余計なトラブルを回避できる一冊です。

コメントを残す