【書籍レビュー】それでも人生大丈夫(川又三智彦)

これまでの人生を振り返ってつくづく思うことは、「人間、生きてりゃ何とかなるもんだ」ということ。何とかなりますが、そのためには人は変わらなくてはいけません。「変える」と言っても、それはものの見方だったり、気持ちの持ち方だったり、ちょっとしたことです。誰にでもできることです。自分の力を信じ、残り数十年しかない人生を実りあるものにするために、ともに頑張っていきましょう。

amazon

■失敗だらけの人生「でもしょうがない」

この著者のすごいところは1000億円の借金をもっても生きていたこと。
それもしょうがないと思えるというとこえろです。

人生、いろんな失敗があるけど、お金のやり直しは簡単にきく。
これまで稼いできたノウハウをもってまたトライすればいいのです。
プライドを捨て、前向きに行動するこれだけ。

■「成功体験」「行動力」「前向き」

自分でやって試して成功を得る。その考え方を身に着け、
更に前向きに行動する。これが人生をよくするための法則。

■世間体やプライドを捨てれば楽になる

自分がこだわるべきポイントを絞る。
自分ができることとできないこと、能力がどれぐらいで、
得意とするものがなにか。すべてわかっている。
自分自身がどうあるべきかを常に問う。

https://www.amazon.co.jp/dp/4860631587?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

コメントを残す