【書籍レビュー】BRAIN(アンダースハンセン)

★スウェーデンにあるノーベル賞決定機関「カロリンスカ研究所」。
そこで研究を重ねたリサーチャーが明かす、世界最新知見を集約した「脳の機密情報」!
★科学的エビデンスに基づく、自分を変える「ブレイン・シフト」とは?
★科学が実証した方法で、「IQ」「集中力」「記憶力」「創造性」「抗疲労力」など、
ありとあらゆる能力を一気に、これでもかと伸ばす!
★異例中の異例! スウェーデンで圧巻の大ベストセラー!!

amazon

■本当は脳は10%しか使われていない

実は、脳はすべて使っているが、なにをするかによって
使用する箇所が異なる。

脳の重さは全体の2%にもかかわらず、
体が必要するエネルギーの20%を利用している。

■ムキムキだとイライラしにくい

筋肉中には、ストレスによって生じる、キルレニンという物質を
無効化する物質がある。

筋肉が、機能障害を誘発するストレス物質を取り除く、処理工場になる。

■天才の条件

精神疾患と創造の天才は、紙一重だ。
その違いは運動にあると思われている。

脳が扱いきれない情報を処理しながら悲鳴をあげている人がいる。
人生のある時期には、精神病に近い状態になり、ある時期には、
凡人には到底思いつかないなにかを作り上げるかもしれない。

コメントを残す