人は自分に価値があると思えるときにだけ勇気を持てる

こんにちは!よっしー2.0です。
今日は「 人は自分に価値があると思えるときにだけ勇気を持てる」についてです。

生きていく上で必須な「勇気」。
僕はうつ病闘病時に、アドラー心理学の本を読み、この勇気について
感銘を受けたことを覚えています。

常に自分には価値があると思えれば、人は勇気をもって前に進むことができます。
今日は勇気について解説します。

人生という挑戦に怖がるな

挑戦して失敗することは誰でも嫌なことです。

僕自身も人生において、好奇心から何度も挑戦し、失敗してきています。
皆さんもそうでしょう。

しかし、失敗を怖がりすぎて、勇気がなくなると
人は不幸感を感じて生きることになり、人のせいにして生きるようになります。

しかし、人生はなにをどうしても失敗の連続です。

ただ、その失敗をどう認識するかは、その人次第です。

勇気をもつことで、失敗も乗り越えられる

その認識をいい方向にもっていくには、勇気が必要です。

勇気を持つ方法をご紹介します。

勇気の3要素
★リスクを引き受ける能力→成功にむかってリスクを背負う
★困難を克服する努力→失敗を乗り越える
★協力できる能力の一部→他者に貢献する気持ち

失敗は聞こえは悪いですが、本質は学びです。
成功するために必要なことなのです。

失敗については別記事にて紹介しております。

天がその人に重大な仕事を任せようとする場合には、必ず精神的にも肉体的にも苦しみを与えて、どん底の生活に突き落と仕事も思い通りにならないような生活を与える

2019年7月7日

勇気があれば失敗を恐れない

勇気があれば人はとても強くなれます。
上記の3要素をクリアすることで、失敗を恐れない行動をとることができます。

そして更に勇気は、人にも伝えることができます。

勇気づけるという行為です。
しかし、ほめると勇気づけるは違います。

アドラー心理学では、その違いを間違えるだけで大きな違いがあるといいます。

ほめると勇気づけるの違い
■ほめる:上から目線評価、もっと賞賛を欲しがる
■勇気づける:困難を克服する活力を与える
※ほめるは一時的で、勇気づける持続的な効果がある

そのためには自分に価値があると思えないといけない

自分に価値をもつというのは一見難しいことのように聞こえます。

しかし、人間は生きているだけで、世の中に価値をもたらしています。
まずは、高すぎる理想にたどり着いていないと自分には価値がないと
思うことをやめる必要があります。

しかし、どうやったら自分に価値があると素直に思えるのでしょうか。

自分に価値があると思えるには

価値を感じる違い
①現実を元に理想をひろげていく
②べき論を元に現実を歪めていく
 

これはとても重要な違いです。

つまり、②の行動をとる人は、常に現実に対して不満をもつので、
自分にも他人にも価値をもてずに不幸になっていきます。

僕自身もその傾向があったので、すごく今は理解できています。

現実は現実に起きてることとして、受け入れ、それをもとに、
どうしていくべきかを着実に実行していくことが大事なのです。

昨日の記事も参考にしてください。

自分の境遇や環境を1秒でも早く受け入れる強さを持とう

2019年7月24日

自分の好きなことが人の為になっていた

手法として、自分の価値を感じることができる例として、
自分の行動が人の為になっているということです。

仕事は自ら、人の為になることをしていますが、
理想形は、自分の好きなことで人の為になるということです。

世の中でも、仕事以外の部分で活動して、
好きなことをやっているだけなのに、人の為になっている人がいます。

僕自身もこの歳になって、文章や、プレゼンが好きなことに気付いたので、
毎日このように書き続けています。

このブログが1人でも勇気をもてるきっかけになればうれしいです。

生きているだけで価値があることに気付く

人は、生きているだけで誰かのためになっています。
僕は、うつ病になったとき、勇気も自分の価値もすべて失っていました。

しかし、僕が笑顔でいるだけで笑ってくれる人がいるし、
逆に笑顔じゃないと心配してくれる人がいます。

そうやって、人は人と結びつくことで生きることができています。

なにか特別なものを作り上げたり、人に賞賛されることを
達成することはもちろん価値を感じる要因だと思います。

しかし、そうなるにも人に価値を与えるにしても、
まず自分自身が価値を信じて行動しなくてはいけません。

失敗という現実に向き合う恐怖を乗り越える

自分の想像していた結果にならないことは日々起きます。
というよりは、期待に背くことの多いです。

その現実と向き合うのはつらいものです。

しかし、僕のようにうつ病になり、
一度自分に負けてしまった人でも勇気と自分の価値をもてれば、
その恐怖を乗り越えることができると思います。

具体的には下記の方法です。

恐怖を乗り越える方法
・読書:悩んでいることの答えがある
・筋トレや運動:悩みが小さくなる
・好きなことを発信:人を幸せにする

僕は悩んだり、自分の心がブレたときは必ずこれをやるようにしています。

そして、その恐怖は必ず乗り越えられます。
乗り越えましょう。

互いに勇気づけあい、人と価値を認めあう

人づきあいは、勇気づけあうことが大切だと思います。
色々な人と出会っていると、勇気くじきという行為をしてくる人が存在します。

残念ながらそういった人は、必ず存在します。

しかし、そういった人と交流することは極力避け、
勇気づけあい、価値を認め合える仲間との時間を大切にするべきです。

そうすることで、より良い人間関係を築くことができ、
勇気をもって人生に挑戦できると思います。

今日は「人は自分に価値があると思えるときにだけ勇気を持てる」についてです。
では!

コメントを残す