3つの「ない」を絶対言わない【うつは自分で治せる】

こんにちは!よっしー2.0です。
今日は「3つの「ない」を絶対言わない【うつは自分で治せる】 」についてです。

先日、僕が行っている事業のHPにてカメラマン事業を開始すると発表しました。今日はそれについてお伝えします。

今回の参考書籍はこちら

ないことに注目しない。あることに最大限を尽くす

「3つのない」とは下記です。

・お金がない
・時間がない
・自信がない

この3つを考えない、言わないだけで、人はどれだけ変わることができるでしょうか。大抵の人はこの言い訳で、できない方法を探ります。本当にできない理由を探すことは人は本当に得意ですよね。

僕自身も以前はそうでした。他人から無理難題を押し付けられるときはおいておいて、自分でなにかコトを起こそうとするときにこの「ない」を理由にすることは本当に自分を不幸にする以外なんでもありません。

僕はこの「ない」をとにかくなくそうと思っています。

自分の好きで人の笑顔がみたい

僕は人の幸せは自分の行動によって人が笑顔になることだと思っています。お金に興味をなくした資産家たちが次々とボランティアや慈善活動を行うのは、人の究極は人の為になることだと思うからです。

僕は大学生のころに一眼レフカメラを触ってから、カメラが大好きになりました。

機械をいじること、人と話すこと、イベント事が好きなこと、とにかくカメラを撮りまくりました。いつか、自分のカメラ経験で人の笑顔を見たいと思うようになりました。

とにかく動く

参考書籍を読んで、僕はとにかく動こうと決意しました。カメラマンとして稼げるかどうかはわかりませんが、自分の好きが人の役にたつと思って、行動しようと決意しました。

僕がやっている事業HPに、 http://kosei-en.com/ カメラ事業を追加し、まずは自分でカメラマンと名乗り出て、1歩ずつできることをやろうと決意しました。

1歩ずつでいい

参考書籍に書いてありますが、カメラマンといえば、それを本業としてやっている人のほうが、当然信用でも実力も高いと思います。

しかし、僕にしかできないカメラの活かし方、経験があると思います。正直いって現代のカメラ機材はとても優秀でカメラの技術がなくてもきれいな写真はとれます。

しかし、それをビジネスにできるかどうかは、別の話です。

僕はイベント企画500回以上やったこと、タレント事務所を経営していること、ブログを書いていること、などなど、総動員してカメラマンとして個人のやりたいことで人を笑顔にしたいと思っています。

では、僕が今後どのように行動していくかご紹介させてください。

あることに注目して行動する方法

①自分の過去を振り返る
②目標はハッタリでいい
③×3を作り出す

上記の3つを実施していけばいいと考えます。

①自分の過去を振り返る

僕は何者でもないとばかり思っていましたが、過去を振り返ると様々な出来ごとと実績がありました。もしよろしければ事業HPをご覧ください。 http://kosei-en.com/kosei/

その過去の実績をとにかく深掘りして、外に出していこうと思います。

過去の事実はストーリーになります。その人オリジナルの物語です。人生なにもなかった人はいません。人それぞれの歴史と実績があり、それは同じ人はいません。

その過去をどうストーリーとして表現でき、自信に変えられるかだと思います。

②目標はハッタリでいい

これはホリエモンが言っていた言葉です。

ホリエモンは当時メディアでも取り上げられていて、テレビ局買収、国会議員出馬、脱税などなどいろいろ騒がれていました。でも彼の書籍を見ると本当はなに1つ実現できていないと書かれていました。

たしかに、そうですよね。

目標をもつことと、それが成功するかどうかは別の話です。

僕は、筋トレと海外が好きなので、世界中の系列のジムに通うことを目標にしていますが、実現できる保証なんてありません。少なく見積もっても2年はかかるでしょう。

でも、そんなハッタリ目標が人を驚かせ、この人の展望はでかいなと思わせるわけです。それでいいのです。ちゃんとその方向に走っていれば。

世界中のジムにいくには、お金も時間も自信もなくてはいけないので、テーマの「3つのない」を言っている暇はないのです。

③×3を作り出す

×3という公式はその人のオリジナルを作り出します。

これは勝手に肩書きをつくろうということです。例えば僕は、
芸能事務所オーナー×ブロガー×カメラマン です。

こんな人多分いませんよね?笑

これだけで僕のイメージは決まるわけです。過去は、●●会社の取締役です。とかそんなことが肩書きでしたが、これからの未来は副業、複業が当たり前になっていくので、×3のビジネスは主流になっていくと思います。

僕のブログを見ている人は気づいている人がいるかもですが、必ず3つの方法を提示しています。人は3つだと脳に入れやすいと本に書いてありました。

なにかやれば結果がでる

結果=成功ではありません。勝ちも負けも結果です。本当の意味での結果とは、
・成功=名誉やお金
・失敗=学びや経験

です。日本には失敗=ダメな印というイメージがあると思いますが、僕はそう思いません。本当のダメは失敗をそのままにしておくことです。失敗はなによりの学びであり、実績になります。

挑戦するというのは、今までやったことがない、できなかったから挑戦なのであり、勝ちを保証されているものではありません。

結果を出すというのは成功か失敗かどちらに転んでもなにかを得ることです。なので、僕は「3つのない」を言うことを辞め、×3の肩書きで勝負をしていこうと思います。


今日は「」についてでした。

では!

コメントを残す