自宅待機中にできること【この期間が勝負】

こんにちは!よっしー2.0です。
今日は「 自宅待機中にできること【この期間が勝負】 」についてです。

今回の参考書籍はこちら

自粛期間=休みではない

学校が休校になり、会社が自宅待機になり、店は休業になっていますよね。特にこの5/6までの緊急事態宣言期間は自粛が強く、おうちで時間を過ごす人も多いでしょう。

僕は個人事業主なので、元々自宅で作業することが多いのでそこまで変化はないのですが、普段外に出ることが当たり前な人たちはとても困惑していると思うのでこの記事を書こうと思います。

このタイトル通り、自粛=わーい休みだー!ってなるとあとでとんでもないことになります。まぁ僕も高校生とかだったらうれしかったんでしょうけど笑

サボればその成果は自分に還ってくる

このコロナウイルスによって倒産してしまう会社が多数出ると思います。しかしその以前から終身雇用や安定雇用の時代は終わり、自分で食べていける力を持つ必要があります。

僕は独立後、様々な経験をしてきました。

大きな失敗をしてSNSで叩かれたこと、新規事業に大失敗したこと、その経験の中で、今回のコロナウイルスは最大級の困難なわけですが、失敗を多くしてきたからこそピンチはチャンスということが考えるようになってきました。

つまりこれだけ身動きを制限された状況でも十分できることは存在し、チャンスなのです。

結局は自力は日々の積み重ね

結論、こんな自粛期間でも仕事をしている人はいるし、休んでる人もいます。その違いは人生に対して受け身かどうかの問題です。

人間はやらされていることはどれだけ時間をつかっても身につきません。

逆に自分でやろう!と思えることは日々、筋肉のように成長していくのです。

このご時世のような危機を乗り越えるには

ずばりこの危機を乗り越えるには、家でチャンスを探すことです。

その探し方をご紹介します。

自宅でできるチャンスを見つける3つのこと

①筋トレ
②読書
③大掃除

①筋トレ

このブログでなんどもお伝えしますが、筋トレに悪いことはありません。

そして、なによりストレス発散効果がびっくりするほど高いです。

僕は携帯で動画を見るときは仰向けで携帯を見ながら、腰から足を上げて腹筋を鍛えています。携帯を見ながらできるので、とても効率的です。これを5分やるだけでも腹筋が筋肉痛になりますよ!

②読書

もし、コロナウイルスでいろいろ悩んでどうしよもないのであれば、本を読んでください。

なぜなら、あなたの悩みの解決方法は本に書いてあるからです。

私たちの生きた数十年よりも過去数千年にすべての経験があり、答えがあります。そして、悩みの根源は人間関係なので、人間関係を修復する方法はすべて書籍に書かれています。

1ページでも2ページでも読んでみましょう。

また、こんなときだからこそ、今まで興味なかったことにも挑戦してみるのもいいと思います。僕はDIYの本なんかを読んで自室をリニューアルしています。

③大掃除

この機会に自宅の整理整頓をしてはどうでしょうか。人はどうしても同じ環境だと飽きてしまうものです。

テーブルの配置、家具の配置、不用品を捨てるなどでとても気分がよくなります。

普段できないことをやってみよう

記事冒頭で伝えたチャンスとは、今普段できないことができるということです。学校や会社にいくことが制限されるなんて、人生で何回もあることではありません。

料理、DIY、裁縫、動画、ブログ、筋トレ、PCデータ整理などなどいろいろできることはあります。もちろん、リフレッシュするものも必要ですが、ウイルス終息後にむけて今まで気になっていたことを対処しておくことで、その後の動きが大きく変わると思います。

政府の対応が悪かったり、家に居続けることで家族とぎくしゃくしたり、外出できないストレスだったり、不満に思うことは多々ありますが、現状にできないことを嘆いて何も変わりません。

常に今できることに注目し、自分を奮い立たせていきましょう。


今日は「自宅待機中にできること【この期間が勝負】」についてでした。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です