ビジネスって難しい?【本質に迫ってみる!】

こんにちは!よっしー2.0です。
今日は「 ビジネスって難しい?【本質に迫ってみる!】」についてです。

皆さんこの質問にはなんと答えますか?

僕は簡単だと言いたいと思います。ではなぜそう思うのか本質に迫ります。

今回の参考書籍はこちら

そもそもの原理原則

ビジネス=お金を稼ぐですが、お金を稼ぐ=大変という印象が強い方が多いのではないでしょうか。

僕は様々な本を読んできて、ビジネス=人を助ける
だと思っています。

人を助けることって大変ですかね?

例えば横断歩道で転んだおばあさんがいたら助けるように、自然な行動だと思います。なので、僕はビジネスは簡単という印象です。

お金ってなんなのか

難しいと考える人はお金に視点が言ってるからだと思います。

そもそも、学生時代にお金の稼ぎ方って習わずに社会にでます。僕は今思えば、なんで教えてくれないんだろうって思います。

(日本の労働者育成のために教えないとかいろいろありますが、今はおいておきます)

お金の本質はモノです。

お金自体には価値はなく、国が物との交換券としてルールをつくっています。なので、お金はただの引換券です。

基本は物々交換であることです。

あなたはなにを買っているか

では、具体的にお金って誰がなにに使っているかを考えていきますが、その前に皆さん自身はなににお金をつかっていますか?

自分が普段からなににお金をつかっているかで見えてくるものがたくさんあります。

・自分の欲はなにか
・自分の信頼しているもの
・自分がつい動いてしまうもの

お金の基本は欲の解消です。気づいてないかもしれませんが、すべて欲によってお金は動いており、考え方によっては動かされています。

答えは自分のまわりにある

自分のまわりというのは、雑誌、ネット、テレビなどなど様々な情報に囲まれていると思いますが、実はヒントは数えきれないくらい転がっています。

たとえばamazonの売れすじランキングなど見ればなににお金が動いているのかが見えます。

ビジネスなんて頭がよくないとできない。って思いがちですが、頭のよさではなく、なにをどう見るかによって変わると思います。

普段からできること

①自分の不を見る
②友人になにに困っているかを聞く
③ニュースを違う

①自分の不を見る

自分の不というのは、自分が物足りないと思うこと、自分が辛いと感じることです。

その不は自分で自分が一番よくわかると思います。

その不から生まれるビジネスも多いそうです。自分の不は他にももっている人もいます。

②友人になにに困っているか聞く

まずはまわりの友人に聞いてみることも立派なマーケティングになります。
自分にも不があるように、友人にも違う不が存在します。

その不を聞くことでなにを解決すればいいかが見えてきます。

顧客起点というのは身近な人が悩んでいることを解決するためにビジネスを作り出すということになります。

③ニュースを違う視点から見る

日々目にするニュース。

そんなことあったんだぁと思ってみるか、自分ならこうして解決してみると考えることもトレーニングになります。

今は大きなビジネスも発端は小さな気づきからです。まずは身の回りの情報に目を凝らして考えてみましょう。

人の不がなくなることはありえない

不について話してきましたが、今後どれだけ時代が進んでも不便、辛いということはなくなりません。

それは人が欲求で動いていますし、それが解消されればまた新たな欲求がでてくるのが人間です。

なので、自分にはビジネスができないと考えてしまわず、またいつでも挑戦できると考えることが重要です。


今日は「ビジネスって難しい?【本質に迫ってみる!】」についてでした。

では!

コメントを残す